空木岳・南駒ケ岳・仙涯嶺・百間ナギ・越百山
               (せんがいれい)(ひゃっけんなぎ)(こすもやま)

日程 2006/10/09 空撮

行程 松本空港〜木曽駒ヶ岳〜空木岳〜南駒ヶ岳
空木岳の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/35.71584990101544_137.82010531541272_7/
仙涯嶺の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/35.6892494978282_137.81644372503558_7/
百間ナギの地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/35.70168212903641_137.82210145304208_7/

2006/10/09 空撮

宝剣岳(左端)2931m〜島田娘2858mと南側(檜尾岳2728m)に続く稜線。
三沢岳上空2846mから撮影。遠方中央は八ヶ岳。


槍尾岳2728m


熊沢岳2778m(左端)〜空木岳(中央)2864m、遠方左に富士山、
左下はセスナの翼支柱。


熊沢岳


空木岳(左)〜南駒ケ岳(右端)2841m、左下はセスナの翼支柱。
中央の黒く見えるコブは何かと調べて見たのだが、特に山名は無い。その手前が赤椰岳(あかなぎだけ)2798mであり
コブはその東側にある突起した部分(標高約2740m)である。このすぐ向う側が百間ナギ。
(あとで解りました)
このコブの山名は、「百間ナギの頭」と言うそうです。


空木岳。遠方左は伊那市、右が駒ヶ根市。


空木岳(左)〜赤椰岳(右端)
ひとつ上に書いた黒い「百間ナギの頭」はこの写真の右端に写っている。
赤椰岳の駒ヶ根市側にある。
3つ下の写真の「百間ナギ」の右の頂点が、その「頭」(写真で緑に見える)です。



越百山2613m(右方向)への稜線
中央左はシオジ平自然園


南駒ヶ岳(左端)〜仙涯嶺(右)2734m








前から奥へ、仙涯嶺2734m・南駒ケ岳・空木岳。
中央右(南駒ケ岳と空木岳の間)は「百間(ひゃっけん)ナギ」と呼ばれる大崩落で現在も崩壊は続いている。
一間は約1.8m。百間なら180mだが、最大幅はそれ以上ある。上から下までなら数百メートル。
百間ナギの崩落のフチのすぐ左(フチまで30mほどではないか?!)に摺鉢窪避難小屋が見える。

崩壊は続いているということだ。まさに“ガケップチ”

別のWebページでは小屋から25mで崖、と書いてあった。
崩壊した岩が落ちて行く音も聞こえるという。
まさに、文字どおり「避難」小屋なのだ。

(参考写真 2015/07/26 駒ヶ根SA・松川IC中間点で撮影)

仙涯嶺(せんがいれい)2734m(左)〜南駒ヶ岳2841m〜百間ナギ〜赤椰岳(あかなぎだけ)2798m〜空木岳2863m(右)
越百山(こすもやま)2613mは左外
越百山の清水には言い伝えがあって、その名のごとく、この水を飲むと百歳を越えて生きられるという。

越百山(左)

山脈の西側を飛行してきて、ここでUターンして山脈の東側を飛び、木曽駒ヶ岳に向う。
山脈の東側(駒ヶ根市側)に出た。

越百山2613m(こすもやま)(左)〜仙涯嶺2734m(右)


左外が空木岳で、正面が池山へ下る尾根
その奥左が槍尾岳で、赤沢ノ頭経下る檜尾尾根。

 

 
三沢岳の奥に御嶽
地理院の地図で「三沢岳」、昭文社の山地図で「三ノ沢岳」、どっちでもこだわらないことにしよう。


駒ヶ岳千畳敷(右)に近付いて来た


檜尾岳(左)を振り返る、檜尾避難小屋が見える。
恵那山が左上の遠方に見える。


三沢岳〜千畳敷〜伊那前岳
この後の空撮写真は駒ヶ岳の項 212komag.html に掲載。





















































<EOF>