home

空木岳

日程 2015/09/22
行程 長野県/
地図座標
空木岳(2864m) http://www.mapion.co.jp/m2/35.71903885232437,137.81703222222222,15
入山口 駒ヶ根高原スキー場 http://www.mapion.co.jp/m2/35.73540054969404,137.8822803305381,15

2015/09/22 同僚の撮った写真を掲載します。

入山口の駐車場


標高1365m
池山自然遊歩道〜空木岳・南駒ヶ岳登山道・鷹打場へ40分の表示




水場(旧池山小屋)分岐


木の枝にぶら下がっている藻のような植物は「着生(ちゃくせい)植物」で、
名は「サルオガセ」
漢方薬(精神安定効果)とも、結核、利尿、強心、解毒、駆虫などの薬効、また、胃腸薬とも言われるが
真偽は不明の為、決して試したりしないこと。


池山・空木岳分岐(標高1750m)

 
尻無(標高1970m)


マセナギ


鎖場や急登が多い

 
    ゴゼンタチバナ(実)

 


いつも苔に惹かれます

 
空木平避難小屋へ500mの分岐
すでに紅葉が始まっていることは想定外で、気持ちも高まります

 


空木岳〜駒石(右)

 




東川岳〜熊沢岳〜檜尾岳方向(右)

 


シラタマノキ

 
南アルプス方向    甲斐駒ケ岳〜仙丈ヶ岳〜北岳


南アルプス方向(間ノ岳は正面の雲に隠れて)


塩見岳〜荒川岳〜赤石岳(塩見岳の左肩に、かすかに富士山が見える)


駒石(右上)

 
南駒ヶ岳(右奥)2841mと赤椰岳(あかなぎだけ)2798m(中)、
赤椰岳の左奥に仙涯嶺(せんがいれい)2734mの一部が見える

 
奥は鋸岳〜甲斐駒ケ岳
駒石。なぜ山の上にこんな巨岩があるのか不思議です。
しかも、岩のカドが丸いということは太古には海底にあった岩が隆起した、ということ・・・でしょう。

奥は甲斐駒ケ岳〜仙丈ヶ岳〜北岳

 
東川岳2671m〜(熊沢岳2778mは右外)


山頂の下に駒峰ヒュッテが見える


赤椰岳の東にあるコブ状の岩山(このコブの山名は、「百間ナギの頭」と言うそうです。)

 
参考写真(2006/10/09空撮)奥は駒ヶ根市街
空木岳(左)〜赤椰岳〜南駒ケ岳(右端外)。
コブはその東側にある突起した部分(標高約2740m)である。
このすぐ向う側が百間ナギ


鋸岳(左)〜甲斐駒ケ岳




御嶽の噴煙、火山灰ですっかり山の色が変わってしまいました。


乗鞍岳、右は熊沢岳


塩見岳(左肩に、かすかに富士山)


鋸岳〜甲斐駒ケ岳〜仙丈ヶ岳〜北岳〜間ノ岳〜農鳥岳〜塩見岳〜荒川岳〜赤石岳

 
空木平避難小屋

 

 
東川岳


空木駒峰ヒュッテ

 
空木岳2864m


百間ナギの頭〜赤椰岳〜南駒ケ岳


赤椰岳と仙涯嶺が重なり〜南駒ケ岳




左に駒峰ヒュッテ、中央(遠く)に空木平避難小屋


空木平避難小屋

 
下山開始


駒峰ヒュッテが稜線の中央に。

 
  チングルマ

 


チングルマ

 
空木平避難小屋
空木岳避難小屋は「出る」ことで有名

登りは駒石経由、下りは空木平避難小屋経由、です。
 
空木平避難小屋へ500mの分岐

 

 


着生植物サルオガセ

home














































<EOF>