home

赤城山(黒檜山〜赤城駒ヶ岳)
(くろびさん)

赤城山は榛名山妙義山とで上毛三山を成す。
日本百名山・日本百景。
大沼(おの)・小沼(この)はカルデラ湖。複成火山。
                 (正式呼称の「おの」「この」は読みにくいので、
観光用や最近の地図は、「おぬま」「こぬま」と読んでいます)

「赤城の山も今宵限り・・・」のせりふを思い出す。

日程 2016/03/02

行程 群馬県
    ルート 駒ケ岳登山口〜赤城駒ヶ岳〜黒檜山
地図座標
赤城山(黒檜山)1828m http://www.mapion.co.jp/m2/36.55929085334278,139.1934299275235,14
             登山口 http://www.mapion.co.jp/m2/36.54705255164997,139.1873359486425,14

2016/03/02 同僚の撮った写真を掲載します。

駒ケ岳登山口


樹林帯を抜けるとそろそろ霧氷エリアに入る。わくわくしながら登る。


長七郎山1579m(奥)と小地蔵山1574m(前)が重なる。その右下に小沼。


長七郎山と小地蔵山の右奥に富士山

 
霧氷に出会えた!
雪が少ない今年はもう諦めていたが、この2日前に降雪があり、
ラストチャンスに賭けて訪れてみた。
見られて本当に嬉しい。
霧氷は黒檜山のほうがすごいらしいので楽しみにしながら歩く。


桐生市方向、右は長七郎山


冠雪の浅間山2568m(前に榛名山1449mが重なっています)
いつもは反対側から見る浅間山しか知らないので、この白さには驚く。

 
赤城駒ヶ岳1685m


黒檜山

 
赤城駒ヶ岳(左)、奥は長七郎山
どんどん霧氷の森が深くなっていく。


赤城駒ヶ岳(左)〜長七郎山と小沼(中央奥)〜地蔵岳1674m(右)、右下は大沼。
小沼の標高が1471m、大沼の標高が1342m、
近くにありながらその標高差はカルデラ湖ならではのもの。

 
黒檜山大神


地蔵岳

 
青空とともに太陽が現れると、霧氷がいっそう輝きだし、言葉を失う美しさです。
風が吹くと枝についた雪がキラキラと舞う。
気温上昇と風で、だんだんと霧氷はなくなってしまう。
時間限定の景色なのです。

 
黒檜山1828m

展望台からの景色です

中央左奥に浅間山(冠雪)、中央手前は鈴ヶ岳1565m、左下に大沼。


左端に子持山1296m、
雲が無ければ中央奥から草津白根山〜白砂山〜谷川岳を望むことができる。

 

 

 
地蔵岳と大沼


猫岩だけど、猫の形はしていなかった。


赤城駒ヶ岳(左)〜小地蔵岳〜大沼(右端)


小地蔵岳(左)〜地蔵岳と大沼

 
氷結した大沼の上で氷に穴をあけて釣りをしています、ワカサギでしょうか?


大沼


赤城神社(小鳥が島)

 
現地の案内板


黒檜山
霧氷を思う存分楽しんで、本当にラッキーな1日でした。

home














































<EOF>