鹿塩温泉・小渋ダム

日程 2012/03/26

行程
長野県/松川IC→東へ県道59号線→小渋ダム(小渋湖)→県道22号線→大鹿村→国道152号線
国道152号線を南に行けば大鹿村役場・中央構造線博物館、
国道152号線を北に行けば鹿塩(かしお)温泉、国道に出て北上すれば分杭峠(北川露頭)

小渋ダム 着工年/竣工年 1961/1969 堤高105m 発電出力9500+6500+550KW(第一・第二・第三発電所)

鹿塩温泉(鉱泉)の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/35.584600278_138.05956861_7/
鹿塩温泉 山塩館 http://www.yamashio.com/


小渋ダム(放水中)


小渋ダム土砂バイパストンネル(地下を延長3996m、直径7900mmのトンネルで
堆積土砂を下流にバイパスさせる)という珍しい工事をしています。
1969年に竣工した小渋ダムであるが、現在、土砂の堆積で有効貯水量(計画堆積量)の
約8割近くが土砂で埋まってしまってきている。
その対策としてバイパス工事となり、144億円の事業費・15年の工期で2015年に完成予定。
しかし完成すれば土砂堆積の増加を低減できるが、
現在堆積した量を減少させるには土砂の掘削排除しかない。


写真では小さくて見えないが岩壁急斜面に数人の作業者が命綱を付け、
保全の高所作業をしている。堤高は105m。


ダム近くの送電線鉄塔工事で資材運搬中のヘリ(AS332L スーパーピューマ)


中央構造線博物館
この奥には大鹿村ろくべん館(民族資料館)がある。(月・火曜は定休)


鹿塩温泉への道を登る最初の温泉宿「山景館」。
温泉宿は全部で3軒ある。


登り道の最終。塩湯荘(手前)と、その上に見える山塩館


湯元山塩館の山塩製塩所
海水の塩分濃度(3.5%)より濃い4%の塩分を含んだ塩水が湧出する。
なぜ濃度の高い塩泉が湧出するのか、現在でも原因は不明。
写真のように薪を焚いて平釜で製塩する。
近くの特産品直売所「塩の里」で購入したが50g¥530.高価なのにビックリ、貴重品デス。
読売新聞2012/03/17にも紹介された。


この後、国道を北上し、分杭峠へ行こうとしたが途中で通行止。
(積雪・崩落・凍結の為、当分の間、と書いてある)
やむなく引き返した。2010/12/01に、分杭峠側から「北川露頭」まで行き、
南下し大鹿村へ行こうとしたが土砂くずれで通行止だった。
ここは国道だが通行止の常習地らしい。






















































<EOF>