home

上高地 冬

日程 2013/01/05
行程 長野県/松本市
釜トンネル松本側入り口で下車、徒歩でトンネル内〜河童橋まで最大約3時間
(積雪の状況による。状況良ければ2時間あまり)
釜トンネル内は消灯されており携帯ライトがあると便利。まれに通行許可車が通る。

地図座標(上高地) http://www.mapion.co.jp/m/36.24689707256297_137.64062437272926_7/
公式Web(冬) http://www.kamikochi.or.jp/this-month/winter/

2013/01/05 同僚の撮った写真を掲載

釜トンネル(上高地側)。9時頃。
気温は-20度近い(沢渡近くで-16度だった)。


釜トンネル〜大正池途中から見た穂高岳
西穂高岳2909m(左)、間ノ岳(あいのだけ)2907m、天狗岩(低く台形に見える)、
天狗のコル(一番低い鞍部)、奥穂高岳3190m(中央左)、前穂高岳3090m(中央右)、明神岳2931m(右)
奥穂と前穂(この稜線を吊尾根という)を下ったところが岳沢。よく見れば岳沢小屋も確認できる。


前穂高岳(左)と明神岳(中央から右へ1峰〜5峰)。右下が明神池になる。


西穂高岳〜間ノ岳〜天狗岩〜天狗のコル〜奥穂高岳


西穂高岳


大正池から見た穂高岳


大正池から見た焼岳2455m

 
大正池の湖面


梓川と見事な霧氷。左は霞沢岳2646m


穂高橋から。ここのすぐ右が田代橋


梓川と六百山2450m(左)、霞沢岳2646m(右)

 
動物の足跡


河童橋のすこし下流側から見た焼岳

 


すぐ近くに


河童橋近く、西穂高岳(左)〜奥穂高岳〜前穂高岳〜明神岳(右)

 


岳沢登山口には誰の足跡も無し。途中まで登ってみた。
岳沢からのラッセルが効いたのか、
帰宅後、今までの雪山のなかで一番の筋肉痛に見舞われました。
河童橋〜岳沢湿原はスノーシュー必要。


岳沢湿原


岳沢湿原


岳沢湿原


岳沢湿原と六百山


岳沢湿原近くからの前穂高岳と明神岳


岳沢湿原近くからの六百山と霞沢岳(右)


岳沢湿原からの帰り、うす雲が取れて晴れてきた


13時頃。晴れてきたが稜線の風は強くなり吊尾根に雪煙りが立っている


沢水は澄んでいて魚は空中に浮いているよう。3匹。


帰り途中の西穂高岳登山口。西穂へ行く足跡は無かった。

 
帰り途中


焼岳頂上


焼岳。14時頃。


西穂高岳〜間ノ岳〜天狗岩(右)


大正池から。朝と比べると完全に晴れた。


今日最後の写真。14時30分頃の焼岳。
この後、釜トンネルをくぐり、帰途。

home













































<EOF>