home

唐松岳

日程 2014/02/23
行程 長野県/白馬村
地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.68471768140113_137.75810347185728_6/
公式Web http://www.hakuba-happo.or.jp/

2014/02/23 同僚の撮った写真を掲載します。
 
チケットセンター07:30
白馬八方尾根スキー場リフト3本乗り継ぎ、終点駅まで
(ゴンドラリフト 八方駅→兎平駅→黒菱平駅→八方池山荘駅)

 
黒菱平駅(左)と八方池山荘駅(右)


鹿島槍ヶ岳2889m(左)と五龍岳2814m(右)


白馬三山(白馬鑓ヶ岳2903m〜杓子岳2812m〜白馬岳2932m)


白馬岳2932m〜小蓮華山2766m〜白馬乗鞍岳2456m(右)
白馬乗鞍岳の下が天狗原と栂池自然園


白馬岳の左斜面にある白馬山荘。
(白馬岳頂上宿舎はこの少し左下の鞍部にある)


焼山2400m(左)と火打山2462m、妙高山2454m(右)の頚城三山


乙妻山2318m(左)と高妻山2353m〜戸隠山と西岳2053m(中)〜一夜山1562m(右)
一夜山の奥は飯縄山1917m(右)

 
石神井ケルン(八方山ケルン)
鹿島槍ヶ岳2889m(左)と五龍岳2814m(中央)


唐松岳(丸山に隠れて)〜不帰ノ嶮三峰〜二峰〜一峰〜不帰キレット〜天狗ノ大下り
八方ケルンが中央の先に見える。

低い側から順に第一ケルン1820m(リフト終点の八方池山荘1830mの近く)
石神井ケルン(八方山ケルン)1974m
第二ケルン(息ケルン)2005m
八方ケルン2035m
第三ケルン2080m(八方池ケルン・八方池2060mのすぐ上)
丸山ケルン2430m、以上6個のケルンを通過する。


不帰ノ嶮二峰〜一峰〜不帰キレット〜天狗ノ大下り
写真左端に第二ケルンが見える。


不帰ノ嶮二峰〜一峰〜不帰キレット〜天狗ノ大下り〜天狗ノ頭〜白馬鑓ヶ岳
正面は第二ケルン


八方ケルンが左先に見える。


八方ケルン
中央先の建物がトイレ小屋で、その左が第二ケルン。
遠方は火打山〜妙高山〜高妻山〜戸隠山


観測機器があった。


第三ケルン2080m(八方池ケルン・八方池2060mのすぐ上)、
八方池は右下方向。


白馬三山と八方池。八方池は雪の下で、
夏季に見た者でないと正確な位置はわからない。


鹿島槍ヶ岳2889m(左)と五龍岳2814m(右)のベストショット

 
雪と風が芸術的な風紋を造り出している


不帰ノ嶮三峰〜二峰〜一峰〜不帰キレット〜天狗ノ大下り


丸山ケルン


新しく買ったカメラ(DSCWX300)でパノラマ撮影。唐松岳〜白馬乗鞍まで一望。


正面遠方が高妻山


五龍岳へ続く稜線


五竜岳


唐松岳〜不帰ノ嶮三峰

 
参考比較:今回(2014年2月・左の写真)と、2013年4月の写真(右)。
積雪量や風など、山は恐ろしく状態を変える。


頂上めざして来る登山者


唐松岳頂上はこのピークの向う側


剱岳2999m


めざす唐松岳2696m


唐松岳頂上山荘、遠方正面は立山〜剱岳


五竜岳〜立山〜剱岳〜唐松岳〜不帰ノ嶮〜天狗ノ大下り。遠方は日本海。


不帰ノ嶮、遠方は日本海。手前の雪庇はすごい。


唐松岳頂上山荘と五龍岳


唐松岳頂上2696m、奥は剱岳。

 
唐松岳と不帰ノ嶮三峰(写真右方向)の間のコル(Dルンゼ)から
滑り降りるスキーヤー、今日一番のようだ。


唐松岳山頂から、立山〜剱岳〜毛勝山〜日本海〜天狗ノ頭〜白馬鑓ヶ岳〜小蓮華山〜白馬乗鞍岳

剱岳


唐松岳頂上山荘とその遠方の浅間山、その左が四阿山・根子岳。右端は五龍岳。



遠方に日本海。右は天狗ノ大下り、
右下が不帰ノ嶮三峰(写真右方向)との間のコル、シュプールが見える。


五龍(右上)へ続く稜線、
登山道がはっきり見えるが、さすが登山者は見当たらない。

下山開始

唐松岳と不帰ノ嶮三峰(右)の間の「Dルンゼ」にシュプールが見える。


シュプールの見えるDルンゼと、その右のCルンゼ


唐松岳〜不帰ノ嶮(三峰〜二峰)〜白馬岳を振り返る
中央左の並んだ3つのピークを持っているのが不帰ノ嶮三峰で、
右から順にA・B・C・Dの各ルンゼである。(Aルンゼは不帰ノ嶮二峰との間)


八方池(中央)が見えて来た

 

 
八方池山荘


黒菱平、モーグル用か?スキー斜面に規則正しいコブが出来ている。


チケットセンター14:00帰到、まだこれからスキーに登る人が居る。

今朝ここから07:30に出発して冬季の唐松に登頂し14:00に帰って来た。
一日200枚の山岳写真を撮り、
雲上極楽の眺望を堪能して余裕の山行をこなす体力には同僚ながら感心する。
良好な天候と山の安全に感謝。

home















































<EOF>