home

唐松岳

日程 2015/03/17
行程 長野県/白馬村
地図座標
唐松岳 http://www.mapion.co.jp/m/36.68437308354881_137.75804641038013_7/
八方池 http://www.mapion.co.jp/m/36.69112618512998_137.78746443576998_7/
公式Web http://www.hakuba-happo.or.jp/

2015/03/17 同僚の撮った写真を掲載します。

今冬はなかなか天気に恵まれず雪山へ行けませんでした。
しかし唐松岳は毎年必ず行きたい雪山だったので、貴重な晴天の休みに合わせて行ってきました。
やはり雪の唐松岳は最高です。

 


八方駅(標高770m)〜兎平駅(標高1400m)〜黒菱平(標高1680m)〜
八方池山荘(標高1830m)まで3本のロープウエイを乗り継いで行く


八ヶ岳〜美ヶ原王ヶ頭(中央)〜南アルプス

 
鹿島槍ヶ岳〜五龍岳   鹿島槍ヶ岳




白馬三山

 



 
五龍岳   鹿島槍ヶ岳


石神井ケルン(八方山ケルン)1974m

ケルンが多いので参考までに
低い側から順に第一ケルン1820m(リフト終点の八方池山荘1830mの近く)
石神井ケルン(八方山ケルン)1974m
第二ケルン(息ケルン)2005m
八方ケルン2035m(4角形)
第三ケルン2080m(八方池ケルン・八方池2060mのすぐ上)
丸山ケルン2430m、以上6個のケルンを通過する。


五龍岳


不帰ノ嶮三峰〜二峰〜一峰〜天狗ノ大下り(中央右)


高妻山(左)〜戸隠山〜一夜山(その奥は飯縄山)〜四阿山〜浅間山(右)


白馬三山

 
第二ケルン(息ケルン)2005m


八方ケルン2035m

 
浅間山と四阿山

 
焼山・火打山〜妙高山〜高妻山〜戸隠山

 
唐松岳〜不帰ノ嶮三峰〜二峰〜一峰〜天狗ノ大下り(右)


第三ケルン2080m(八方池ケルン・八方池2060mのすぐ上)


白馬三山と八方池(積雪)

 
遠見尾根

 
鹿島槍ヶ岳と五龍岳

 

 

 
右の写真は丸山ケルン2430m

 




白馬乗鞍岳〜日本海〜焼山・火打山〜妙高山〜高妻山〜戸隠山


妙高山〜高妻山〜戸隠山〜一夜山(その奥は飯縄山)


丸山ケルン近くより、天狗ノ大下り〜白馬三山


不帰ノ嶮三峰〜二峰(一峰は二峰の奥)〜天狗ノ大下り


日本海〜焼山・火打山〜妙高山〜高妻山



 
唐松岳〜不帰ノ嶮三峰


唐松岳〜不帰ノ嶮三峰〜二峰


唐松岳


五龍岳(鹿島槍ヶ岳は奥に)


雪崩


唐松岳〜不帰ノ嶮三峰〜二峰(右端)


唐松岳は右端


不帰ノ嶮三峰〜二峰(天狗ノ大下りに重なっている)




唐松岳


見事な雪庇、奥は不帰ノ嶮三峰


天狗の大下りと天狗ノ頭2812m、右奥は白馬鑓ヶ岳2903mと白馬岳2933m、雪庇の奥は日本海。


立山〜剱岳


唐松岳(左)〜不帰ノ嶮〜天狗ノ頭(右端)


唐松岳


五龍岳(左)


唐松岳頂上山荘をふり返る
山荘の正面奥が浅間山、その左が四阿山


手前から、不帰ノ嶮・天狗ノ頭・鹿島鑓ヶ岳


不帰ノ嶮三峰で滑降打ち合わせ中の二人


五龍岳


唐松岳頂上山荘

 


唐松岳頂上2696m


黒部市・宇奈月方向と日本海
左は剱岳の北側にある毛勝山、右は白馬岳の北側にある朝日岳。

 
剱岳    剱岳の南側方向


剱岳


黒部市宇奈月の海岸線と日本海(富山湾)


日本海〜焼山・火打山〜妙高山〜高妻山〜戸隠山〜一夜山・飯縄山を一望する


下山開始・唐松岳頂上山荘

 


唐松岳・不帰ノ嶮に再来を誓って別れを告げる


頂上で見た二人は無事に滑降したようだ。綺麗なシュプールが見える。

それにしても、不帰ノ嶮からの滑降とは素晴らしいと言うか、
命知らずと言うか・・・(Dルンゼから唐松沢へ滑り降りるコース)

(参考)
唐松岳と不帰ノ嶮三峰(右)の間が「Dルンゼ」、
写真の右が「Cルンゼ」、右から順にA・B・C・Dの各ルンゼ、
(Aルンゼは不帰ノ嶮二峰との間)


胸のすくようなパノラマを見ながら下山します。

 

 
登る時より、陽射しの角度が変化して写りが良い
 


いったん風が吹くと雪嵐のようになる

 
唐松岳と不帰ノ嶮


八方池が見えてきました(左、雪の中)


ピッケルを使って滑落防止の訓練


もうすぐ八方池です


唐松岳は前の山(左)に隠れています。

 
八方ケルン2035mまで戻ってきました。


鹿島槍ヶ岳と五龍岳


白馬三山、白馬山荘も見えます。


八方池山荘とリフト乗り場

今日も、素晴らしい天候と景色、山の安全に感謝

home














































<EOF>