home

黒部ダム(黒部湖) 遊覧船ガルベ

日程 2017/06/06
行程 長野県/
地図座標
扇沢駅https://www.mapion.co.jp/m2/36.55880825280217,137.72074697484766,15
黒部ダム(遊覧船乗場(標高)1448m)https://www.mapion.co.jp/m2/36.56382370414554,137.65748975744924,15

2017/06/06



大町市上原から見る、
爺ヶ岳南峰〜中峰2670m(右端)(北峰2631mは中峰の後ろに隠れています)


大町の籠川から見る、赤沢岳(左)〜鳴沢岳(中)


鳴沢岳2641m(左)〜岩小屋沢岳2630m(中右)


扇沢駅から見る、赤沢岳2678m(中右)〜鳴沢岳2641mの西側(右外)


扇沢駅から見る、爺ヶ岳(奥)


黒部ダム、奥は赤牛岳


赤牛岳2864m


左奥のピークは水晶岳(黒岳)2986m___________赤牛岳_____________


かんぱ谷橋から見る、スバリ岳2752m(中左)〜針ノ木岳2821m(中)


かんぱ谷橋




黒部ダム遊覧船ガルベ


遠方は赤牛岳


黒部ダム堰堤と黒部別山、その奥に白馬岳


旭岳2867m〜白馬岳2932m


旭岳_________白馬岳


立山連峰


黒部別山(奥)


赤牛岳〜木挽山


獅子岳(奥)


立山


この位置からの旭岳〜白馬岳


旭岳____________白馬岳


赤沢岳(右奥)


赤牛岳〜木挽山


ヌクイ谷、奥に木挽山2301m〜越中沢岳2592m〜平ノ小屋______平ノ渡(右外)


越中沢岳


平ノ小屋


平ノ渡(梯子状の階段が見える)
平ノ小屋から、対岸の針ノ木谷・避難小屋へ行くには、この平ノ渡を使う。
平ノ渡は6月20日〜10月31日の運行予定。


平ノ小屋対岸の針ノ木谷
避難小屋は木に隠れているが、かすかに屋根らしきものが木陰から見える。
奥は船窪岳2459m


遊覧船はUターンして帰ります。赤牛岳〜木挽山。


東一ノ越(前の山の奥)〜立山連峰(雄山〜大汝山富士ノ折立)


獅子岳________東一ノ越(前の山の奥)____立山


獅子岳


獅子岳・拡大写真

獅子岳・拡大写真、右上の尾根から左下の谷へ、
ほぼ直線的に滑り落ちた跡がある。
2017年6月3日、富山空港から松本空港に向かっていたセスナ172Pが
獅子岳頂上付近の尾根に接触、そのまま南東斜面を滑落した痕跡だ。

写真で見れば
山頂からすぐ左側(南側)の尾根に接触した直後から滑落が始まり、
そのまま左下の谷に向かった。
写真部分では、まだ斜面もきつくなく積雪も多いので破損は少なかったと思われるが、
写真左下へ写っていない場所からは斜面が急になり岩肌も現れてくる。

前の山に隠れて岩肌から先の急斜面の部分は見えないが、
その先からは急斜面のため岩肌も露出しており衝撃でエンジン部分もそこで脱落した。
事故機はその急斜面の下で停止した。(ここからは見えない)

過去の事象に「もし」の言葉は通用しないが、もし、写真部分の
積雪の多い斜面で事故機が停止していたら最悪の事態を免れたかもしれない。
また、もし、あと少し尾根の左側を通過したら、
尾根には接触しなかったかもしれない。残念だ。

今後融雪が進み尾根のどの位置に機体が接触したのか、
わからなくなる前の証拠的な写真として敢えて掲載した。

松本空港から富山空港への往路では、松本空港の標高が約650mあり、
そこから離陸して必要な上昇をしても
富山空港まで山越えで直線的に飛んでさほどの苦労は無い。

しかし帰りの復路では、
富山空港の標高は約20m、ほぼゼロからのスタートで
山越えに必要な3000mほどの高度を、160馬力のセスナで4人乗って直線コースで
富山空港から山までの近距離で安全高度の獲得は容易ではない。

私(筆者)も同じコースやアルプス越えを操縦して、10回以上通過しているが、
4人乗った時の馬力不足は常に頭の中にあり、悩みの種だった。

また、山を越えた途端に、強烈な下降気流に見舞われたこともあった。
槍ヶ岳の山頂と同高度で槍ヶ岳山荘の上を通過した時に
10秒足らずで300m近く落とされ、ヒュッテ大槍と肩を並べたこともあった。

アルプスの下降気流は強烈で、エンジンパワーは追い付かず、
もちろん上昇は不可能であり、ひたすら沢に向かって下降して逃げるしかない。
沢の向こうに何があるか、山登りの好きな私は、だいたいの沢は知っていたから逃げるのも出来たが、
もちろん視界がよくなければ駄目だ。

事故は3つぐらいの悪い要素が重ならないと起きないものだ。
1つだけでは事故にならないように飛行機は出来ている。
今回も解らない原因は未だあると思う。


さて、気分を変えて次の写真へ
 
立山の大観峰、大観峰(ロープウェイ駅)
私は、春山の白い雪と黒い岩稜とのコントラストが大好きだ。


針ノ木岳(奥)


天狗ノ頭〜天狗ノ大下り


かんぱ谷橋


黒部ダム堰堤

 
かんぱ谷橋


遊覧船と、赤沢岳(左奥)〜スバリ岳〜針ノ木岳(右)


飛行機雲の交叉

黒部ダム堰堤を戻って、ダム展望台へ向かう
 
ダム構築当時の資材、25tケーブルクレーン主策(直径100mm)(前)
コンクリートバケットの吊り上げ用フックとバケット(奥)


展望台から見る、黒部ダム


水晶岳____赤牛岳________木挽山


黒部別山(南峰)2300m、北峰はその奥で2353m

展望台から見る立山

東一ノ越__________________雄山__大汝山__富士ノ折立_________真砂岳(奥)


雄山山頂の祠(中央)が少しだけ見える


大汝山(左端)___富士ノ折立


大汝山から富士ノ折立にかけての雪庇がすごい
どの山頂も、望遠鏡でほんの少し見えるだけで、写真に大きく写っている部分が山頂ではない。


Webでお馴染みのライブカメラ


黒部ダム展望台、丸山(右)2048m

扇沢に戻った
 
        ニリンソウ   ニリンソウ(サンリンソウ?)

 
扇沢の爺ヶ岳登山口
柏原新道は中間帯から上部が残雪多く通行をやめるようにとの注意書き

 
爺ヶ岳登山道、ヤマスミレが所々咲いていたが、
クモマツマキチョウを見る事はできなかった。

home



















































<EOF>