拾ケ堰(安曇野)

日程
2011/06/06
2011/10/01 空撮

行程
長野県/松本市・安曇野市
拾ケ堰(じっかせぎ)についてはWebの検索等で詳しい説明が得られます。
農地の灌漑用水。1816年(文化13年)通水。延長15kmで標高差はわずか5m。この高低差は驚異的。

拾ケ堰(安曇野市) http://www.city.azumino.nagano.jp/mizu_monogatari/map/segi.html
拾ケ堰(取水口)の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.254980278_137.95098472_8/
拾ケ堰(放水口)の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.33913083_137.872845_8/

2011/06/06

掘削ドリル。梓川左岸の拾ケ堰ちかくにある。
カジマメカトロエンジニアリング叶サ、直径3680mm。
梓川底を右岸から左岸へ353m、刃口交換なしに掘り進み貫通した機械の最前部。
梓川底をサイフォン式に拾ケ堰が通っている。


奈良井川の取水部(松本市島内)
拾ケ堰の水は、奈良井川から取水し、梓川底を横切り(サイフォン式)、
安曇野を流れて広大な農地を灌漑し、穂高地区の烏川(からすがわ)に放水する。


安曇野を流れる拾ケ堰の水。
自転車用観光道路が整備されている。手前〜遠方へ流れる。

2011/10/01 空撮

梓川。遠方が下流で、拾ケ堰が梓川の川底をくぐっている。
写真手前は倭(やまと)橋。


取水口(遠方中央)〜写真手前に流れて来ている拾ケ堰。
写真中央では、拾ケ堰と勘左衛門堰(拾ケ堰よりさらに130年以上前の1685年に出来ている)が
並行して流れている。


右上から、堀金小学校(中央下)でカーブして左方向へ流れる拾ケ堰
取水口から、ここまでで約8km、このあと放水口の烏川まで約7km、
全長15kmで高低差わずか5m。


写真中央下が堀金中学校。写真右下〜左中へ流れる拾ケ堰。遠方は豊科・田沢
写真左からさらに左(北側)へ進むと拾ケ堰の終点の烏川へたどり着く。





















































<EOF>