home

爺ケ岳

日程 2013/05/03
行程 長野県/大町市
地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.58567721544451_137.75334552453512_6/
登山口 http://www.mapion.co.jp/m/36.55727905721122_137.7328166248177_7/

2013/05/03 同僚の撮った写真を掲載します。

扇沢駅手前にある爺ケ岳登山口の駐車場

 


07:31登山口。爺ヶ岳の駐車場は7時過ぎでもう数台分しか空いていない。
登山口の注意書きはかなり詳細。


残雪期のルートは夏山期のルートと異なり、南尾根をまっすぐ登って爺ケ岳南峰へ行く
(雪崩を避ける為)
夏山期は柏原新道を登り種池山荘経由。


樹林帯。まだここは柏原新道。


途中から南尾根へ出ます。見下ろすと、針の木岳が目の前。扇沢駅も見えている。
(写真中央)


南尾根を見上げる。


南尾根の雪崩。


南尾根を見上げる。


尾根に出た。「ジャンクションピーク」。
数張りのテントがあります。南峰(左)、中峰(右)


南峰までの道は岩が露出している。


ここからでもまだ扇沢駅が見える。


剱岳。右の赤い屋根は種池山荘。
山荘から左へ行く斜面の雪庇(せっぴ)と左下には雪崩しそうなクラック。


槍ヶ岳も見えた。


もうすぐ南峰。


雪と風の芸術。


バックカントリーの人たち。ここから少し上がったところから滑って行った。


南峰に出ました。鹿島槍が大迫力。
冷池山荘(写真中央の尾根)。右端は爺ヶ岳北峰。


爺ヶ岳北峰(中央左)、中峰(右)。


鹿島槍の双耳峰。冷池山荘(写真中央下)。


大町市、松川村、池田町、安曇野市(右遠方)。


剱岳(中央右)。中央の赤い屋根は種池山荘。


南峰まで4:30かかり、体力と時間と相談して今日はここまで。


針ノ木岳(中央)、大雪渓も素晴らしい。


中央右の黒い山は鍬ノ峰。
鍬ノ峰登山は別ページに掲載。


雪庇が綺麗(種池山荘から西(岩小屋沢岳)への稜線)。

 

登山口に帰還(下山は3時間のハイペース)。今日も山の安全と好天に感謝。


(参考写真)

2013/04/28池田町で撮影の爺ケ岳(中央)。


2013/05/12大町観音橋で撮影、
蓮華岳(左)〜岩小屋沢岳〜爺ケ岳〜鹿島槍ヶ岳〜五龍岳(右端)。


2013/05/18大町で撮影、
爺ケ岳の雪形、南峰(写真中央)の斜面、「種まき爺さん」。
雪形についての安曇野市のWeb http://www.city.azumino.nagano.jp/kanko/enjoyazumino/yukigata/03.html


2018/04/10池田町で撮影、爺ケ岳の雪形

home













































<EOF>