home

白根山(日光白根山・奥白根山)
シラネアオイの花名はここが由来ということだ

日程 2015/02/11
行程 群馬県・栃木県
山系は日光火山群、山頂は溶岩ドームであり、常時観測火山となっている。

地図座標
日光白根山 http://www.mapion.co.jp/m/36.79537107410978_139.379354172039_7/
丸沼スキー場 http://www.mapion.co.jp/m/36.811321505410305_139.332299810005_7/

丸沼スキー場からピストンで、ずっと行きたかった日光白根山へ行ってきました。
前日の降雪で霧氷が素晴らしかったです。
雪が深くパウダー状となっていて、トレースも少なかったため、山頂すぐ手前まではずっとスノーシューで登りました。

2015/02/11 同僚の撮った写真を掲載します。

丸沼高原案内。ロープウエイで山頂駅(標高2000m)へ。白根山は2578m。


日光白根山ロープウエイ


日光白根山、ロープウェイ降り場から


江戸期から明治にかけて、上州では奥白根山を『荒山権現』として祀った


吸い込まれそうなほど静寂に包まれた樹林帯を進んでいく


途中、山頂が見える

 


霧氷と、火山らしい山肌のコラボレーション。今日は霧氷が本当に美しい


樹林帯のトラバースの斜度がきつく、雪質もサラサラなのでラッセルは難儀した。
でも、見上げれば素晴らしい景色



 
樹林帯を抜けると、山頂が姿を現す


武尊山〜谷川岳(奥)〜至仏山


このあたりからやっとアイゼンへ履き替える


岩がモンスター化していた


白根隠山〜白桧岳








最後の登り






白根山2578m


女峰山2483m〜大真名子山2376m〜男体山2486m〜中禅寺湖(右端)
左下が五色沼、その奥が前白根山


左奥に会津駒ヶ岳


至仏山〜平ヶ岳〜燧ヶ岳


燧ヶ岳アップ


男体山〜中禅寺湖



 


青のグラデーションが美しい


下山時には青空に霧氷が映えて、本当に本当に綺麗だった

 


朝には雪で埋もれていた場所も、午後にはツララに変わる。雪の芸術は一瞬だ

 
日光白根山
ゲレンデより眺める日光白根山。予想以上にカッコいい山だった

home














































<EOF>