home

乗鞍岳・剣ヶ峰(冬)

日程 2013/02/26
行程 長野県/岐阜県境
地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.105309191721005_137.55682490235327_7/
公式Web http://www.hida.jp/norikura/index.shtml

マイカー規制の為、乗鞍高原観光センター(長野県側・鈴蘭地区)、または、
ほおのき平スキー場駐車場・アカンダナ駐車場(岐阜県側・平湯)でバスに乗り換え。

バス開通期間:概ね5月15日から10月31日。冬季は乗鞍スカイラインは通行止め。
冬登山はスキーリフト利用(一部)と徒歩で。

2013/02/26
同僚の撮った写真を掲載します。
 
(長野県側・鈴蘭地区)休暇村乗鞍高原(スキー場レストラン・リフレ) 
地図 http://www.mapion.co.jp/m/36.11168047953654_137.6152612955136_7/
休暇村第一トリプルリフト、ここからリフト(始発)に乗る。標高1590m。
 
かもしかリフト降り場が中央左
リフトのあとは徒歩で登山
徒歩の写真後方は駐車してきた休暇村乗鞍高原、
遠方に浅間山(中央左)と美ヶ原(中央右)。


振り返れば小鉢盛山と野麦峠スキー場(中央の白い山腹)
遠方は南アルプス。


高天ヶ原2829m(左)、乗鞍岳山頂(剣ヶ峰)3026m(右)が見えてきた。


樹林帯を抜けて写真右方向に昇る。左手正面に高天ヶ原


穂高連峰。左遠方に槍ヶ岳、右遠方は常念岳、蝶ケ岳(右端)。


前穂高岳(左)から右斜面へ明神岳。写真右は霞沢岳。
中央遠方は大天井岳。


西穂高岳(左端)、奥穂高岳(中央左)、前穂高岳(右)


肩の小屋口(手前、ここは春から秋まで乗鞍スカイラインのバス停になっている)
摩利支天岳(左上)。(肩の小屋は摩利支天岳の左斜面方向にあり、ここからは見えない。)
コロナ観測所も、この摩利支天岳のすぐ向こうにあって、ここからは見えない。

参考:2012/10/09の肩の小屋口


美ヶ原(左)、鉢伏山(中)、蓼科山と八ヶ岳(右)、
霧ヶ峰(蓼科山の手前の白い丘)。


見事なシュカブラ(雪の風紋)と肩の小屋


肩の小屋から見る朝日岳(右)、目的の剣ヶ峰(左)


剣ヶ峰への斜面。滑落したら下まで一直線


直登でかなりの急斜面


蚕玉(こだま)岳から望む剣ヶ峰


ここが権現池。雪に埋もれている。左方向が剣ヶ峰。


剣ヶ峰頂上。遠方は御嶽。

 
乗鞍本宮で無事登山に感謝してお参り。



頂上
左から、摩利支天岳とコロナ観測所、笠ケ岳と薬師岳(私の背の向こう)、
焼岳(中央右)、槍ヶ岳、西穂・北穂・奥穂・前穂高岳、大天井岳、常念岳(右端)。



遠方は高山市と白山。(写真左方向が御嶽)

 
持っている装備は全部使わないと登れません。


摩利支天岳(左)・コロナ観測所、その下が肩の小屋。
この日、剣ヶ峰まで来たのは自分も含めて4名のみ。


御嶽


槍ヶ岳、手前右が西穂高岳。午後の下山で雲が出てきた。
西穂山荘も見えているはずだが雪に埋もれて確認できない。


下山はリフトなしで徒歩。夕方になりゲレンデには誰もいない。
登り5時間(休憩1時間含む)、下り3時間(休憩10分含む)、
かなりのハイペース。体力ないと無理。
上手く時間配分と体力配分をしないと冬の剣ヶ峰往復は難コース。

home













































<EOF>