home

西穂高岳

日程 2015/04/28
行程 長野県/岐阜県
地図座標
西穂高岳(2909m) http://www.mapion.co.jp/m2/36.279049880067305,137.6294660376656,14
登山口(新穂高ロープウェイ西穂高口) http://www.mapion.co.jp/m2/36.26828978967627,137.60157106391458,14

2015/04/28 同僚の撮った写真を掲載します。

新穂高ロープウェイで西穂高口まで行く。正面は笠ヶ岳。


西穂高岳登山口。雪の回廊、ここは一般観光客でも歩ける。


西穂高岳(左)〜独標(右)の稜線、
中央右の丸い形の山がピラミッドピーク
今日は西穂高岳を日帰りで往復する。
例年と比べると驚くほど雪がない。
今日も、稜線に雪がないという情報を得て、登る計画を立てた。


双六岳(正面)

 
西穂山荘


一番高く見えているのがピラミッドピーク、西穂高岳は奥に隠れて見えない。


笠ヶ岳〜抜戸岳〜双六岳


上高地、霞沢岳(左端)〜乗鞍岳〜焼岳(右)


西穂丸山

 
ピラミッドピーク(中央左)〜独標(中央右)


上高地、六百山〜霞沢岳


吊尾根〜前穂高岳
今日は奥穂〜前穂のこの残雪の景色を見たくて登ってきた。
予想通り素晴らしい残雪の山肌。


西穂独標(11峰)2701m。後方は笠ヶ岳。


この後、いくつかのピークを越えて西穂高岳に向う。
西穂高岳が1峰、独標が11峰であるから9箇所のピークを行く。
峰の順と山容は こちら に記載しました。
久しぶりの岩場歩きの感触を確かめながら歩いて行く。


正面は独標の直下で「12峰」(写真拡大すると「12」のペンキ文字が見える)


10峰。正面上のピークが8峰ピラミッドピーク(写真中央左のピークが9峰だと思う)


9峰あたりから10峰と独標(11峰)を振り返る。9峰の表示を撮り逃がした。


ピラミッドピーク(右上方向)への登り(9峰を通り過ぎたあたり)


8峰ピラミッドピーク到着。奥は西穂高岳〜奥穂高岳〜吊尾根〜前穂高岳


7峰(左)(「7」のペンキ文字)


ピラミッドピークを振り返る


6峰(左)(「6」のペンキ文字)

 
西穂高岳(主峰・1峰)


ズーム、「主峰」のペンキ文字が見える。黒い点はイワツバメ、多く飛んでいる。


左がピラミッドピーク(8峰)、手前に7峰・6峰・5峰と並ぶ。


4峰(チャンピオンピーク)


3峰(その向こうが2峰で、一番奥が主峰)

 
3峰・4峰〜を振り返る

 
2峰
主峰手前のこの斜面に雪が残っていたが、ステップがきってあったため、アイゼンは上り下りともに不要。
(今回は登りは西穂高口〜主峰まで使用しなかった。下山は西穂山荘〜西穂高口まで使用)


3峰〜を振り返る。遠方は焼岳・乗鞍岳
今日は焼岳とどちらにしようか直前まで迷っていた

 



 
主峰到着!西穂高岳2909m


槍ヶ岳〜涸沢岳〜奥穂高岳(ジャンダルム)


双六岳・三俣蓮華岳〜樅沢岳・鷲羽岳〜(かすかに立山・剱岳)〜野口五郎岳〜槍ヶ岳


手前から、P1・赤岩岳・間ノ岳・奥穂高岳(ジャンダルム)〜前穂高岳


P1と前穂高岳


上高地と六百山〜霞沢岳

 
西穂高西尾根を新穂高温泉に下りる登山者を見た


西穂高岳山頂から撮影


参考比較(2013/09/30撮影)

 
西穂高岳山頂にて


ダイレクトに西穂に登って来る登山者


山頂でお話しした方のもの。このまま西穂高沢〜岳沢に滑り下りるそうです。


下山します
ピラミッドピーク



 
独標を通過


西穂山荘到着。
がら空きの山荘。名物の「西穂ラーメン」を食べたかったが、
小雨が降ってきてしまったので、ラーメンはまた今度。


新穂高ロープウェイ西穂高口から今日歩いた西穂稜線を眺める
天候は午後になって曇り模様、登りに晴れていて幸運。
日帰りで西穂高岳往復、よくがんばりました。
山の安全にも感謝。

home














































<EOF>