乗鞍高原 善五郎の滝 牛留池

日程 2018/10/21
行程 長野県/乗鞍高原
地図座標
善五郎の滝(標高1500m) https://www.mapion.co.jp/m2/36.118155916033615,137.61606303922002,16
牛留池(標高1589m) https://www.mapion.co.jp/m2/36.113939410739015,137.614767532266,15
まいめの池(標高1457m) https://www.mapion.co.jp/m2/36.10735661528721,137.62623277777777,15

2018/10/21

高天ヶ原〜大日岳・剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳〜摩利支天岳〜富士見岳〜大黒岳
乗鞍高原バスターミナルにて


高天ヶ原〜大日岳・剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳〜摩利支天岳〜富士見岳〜大黒岳
善五郎の滝駐車場にて


善五郎の滝


善五郎の滝
この滝は43000年前、乗鞍火山の高天ヶ原火山体から流れ出た
番所(ばんどころ)溶岩の中に出来た、ということです。
滝の背面は溶岩です。
乗鞍岳は活火山であり、気象庁による常時観測対象の47火山に含まれる。

滝は少しづつ上流方向に後退しており
下流には古い滝つぼの跡が見られる。

 


善五郎の滝
奥は剣ヶ峰〜摩利支天岳


牛留池


牛留池
牛留池は乗鞍岳噴火の際にできた溶岩台地のくぼ地に
水が溜まってできた池

奥は
高天ヶ原〜大日岳・剣ヶ峰・蚕玉岳・朝日岳〜摩利支天岳〜富士見岳〜大黒岳

 
牛留池のすぐ近くにある不思議な幹の木


まいめの池



 

 



「偲ぶの池」(まいめの池の下の池)(標高1451m)
池は2つあり、下の池と上の池は50mほど離れています。
奥は
高天ヶ原〜剣ヶ峰〜摩利支天岳〜富士見岳〜大黒岳







 

 






















































<EOF>