home

焼岳・新緑まぶしい6月

日程 2013/06/16
行程 長野県/
地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.22392911971737_137.59010748734215_7/
登山口(上高地) http://www.mapion.co.jp/m/36.236997970038324_137.6206635306889_7/

2013/06/16 同僚の撮った写真を掲載します。


 
朝日に映える焼岳と大正池、6:16出発、
すこし上流の田代橋を渡り焼岳登山道に向かう。
(沢渡始発バス5:40。大正池で下車)


大正池と西穂高岳


田代池ちかくの湿原。西穂高岳〜奥穂高岳〜前穂高岳〜明神岳。


西穂高岳と奥穂高岳との間にある天狗岩と天狗ノコル


田代橋から梓川右岸を1km歩くと焼岳登山口がある。

 
登山道の新緑とゴゼンタチバナ


この根、すごいです!!


巨大ナメクジ発見。体長10cmはある。ギョギョッ!です。

 
ミツバツツジとオオバミゾホウズキ。登山道はお花がいっぱいです。



 
修復された登山道の橋(写真左)と修復前
(写真右:2011/11/09撮影204kamiy.html




焼岳と土石流跡


一番長いハシゴ。繋げただけで心許ない。



 

 
コイワカガミがあっちこっちで満開!


焼岳小屋

 
ツガザクラとコイワカガミ



上高地と六百山(中央)〜霞沢岳(右)
河童橋(中央左)・田代池湿原(中)・大正池(中央右)が見える。遠方は蝶ケ岳。


歩いてきた道を振り返る。青い屋根が焼岳小屋。
焼岳小屋の向こうが割谷山2224mで、
登山道が西穂山荘まで続いている。
雲がなければ中央左に新穂高ロープウエイが見える。



頂上直下にある小規模な雪渓

 
焼岳火口湖の正賀池(空の青と向うの山が映って綺麗です)


焼岳の爆裂火口

 
山頂に着くとガスってしまったが、意外に登山者が多い。
中の湯ルートから登ってきた人の方が多いよう。
今回の登頂は焼岳北峰2444mの山頂。
写真の木標に2393mとあるのは近く(正賀池の北縁)にある標高点のことで、
北峰から200m離れており行くことはできません。
焼岳南峰2455m(地図で見る焼岳の一等三角点)へは立入禁止
(岩と地質が不安定で落石・崩落の危険)。



焼岳山頂から見た焼岳小屋(中央右の青い屋根)

 
登山口に下山、猿は多いです。シロバナヘビイチゴ。
今度は上高地バスターミナルまで行き、帰途。




帰りは坂巻温泉で露天風呂の余裕。
坂巻温泉の位置 http://www.mapion.co.jp/m/36.19518032984449_137.61726121121075_7/

この翌日に私の知人が同じく焼岳に登って、「すごく綺麗だった」と連絡をくれた。
春夏秋冬いつも綺麗な山だ。

(参考写真)2006/08/05空撮

焼岳北峰(左)と南峰(右)
上高地・焼岳小屋への登山道は左へ。右下は焼岳火口湖の正賀池。

北峰2444mの標高点2393mは、この写真手前のどこかの岩壁ピークにあると思われるが、
危険で行くことはできません(標高点は三角点ではない)。
北峰と南峰の鞍部の向こう側下に中の湯ルートの登山道がある。
下の地図によれば南峰2455mから正賀池への直線を北に伸ばした場所に2393mの標高点がある。
上の空撮写真で右下の黒い岩のピークかそれより手前(写真外)あたりらしい。

参照:国土地理院の地図


焼岳北峰(中央)と、上高地・焼岳小屋からの登山道(左下)。


焼岳北峰と、中の湯からの登山道(左下)。

home














































<EOF>