陸郷(池田町)

日程
2012/04/19 (この日は未だ桜は、つぼみ)
2012/04/28 (桜満開)
2013/05/04 

行程 長野県/池田町 県道51号線から、県道275号線、
途中から山道に入り国道19号線の下生野に抜ける途中

陸郷(夢農場)の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.4057267_137.91229944_8/
陸郷(登波離(とはり)橋)の地図座標 https://www.mapion.co.jp/m2/36.42106660876121,137.90701029765194,16
陸郷(桜仙峡)の地図座標 http://www.mapion.co.jp/m/36.41441611_137.9156467_8/

場所 池田町陸郷 三郷(さんごう)地区 陸郷夢の郷(夢農場)
場所 池田町陸郷 有明(うみよ)地区 陸郷桜仙峡(おうせんきょう)

池田町観光協会0261-62-9197のホームページ http://www.ikeda-kanko.jp/spring/spring.html

桜仙峡の桜は、すばらしいですが、
道路がとても(ビックリするほど)狭いので要注意。
桜の時期に桜仙峡へ行くには池田町側から「桜仙峡」への道路標識に従って進む。
(国道19号線側への一方通行を推奨されています)
中型車以上は登波離橋の手前で池田町側へ引き返す。
Uターンやすれちがいの場所がほとんどありません。それ以上進むなら軽四がおすすめ。

2012/04/19

「日本昔話、信州民話に出て来る民話の橋、登波離橋」と書いてあります。


登波離橋の由緒が書いてあります。
昔のこと、ここの白駒城主(鎌倉時代)の正室と側室との争いがあり、
このとき橋から谷に落ちて二人とも絶命。
それ以後、この谷には一身二頭の蛇があらわれ、
一本の根に二本の幹をもつ松が生えるようになった(二本松)。
登波離橋はまた十針・妬張・妬割とも書き、
別に戸張・鳥放・蛇橋など多くの呼び名を持つ。現在の橋は昭和51年の新設。


二本松(白柵の中の古株)。樹齢350年、
池田町天然記念物、松くい虫のため平成19年に伐採。
この地は眺望に優れ、白駒城主の野点のお茶屋場として有名な場所。
由緒ある赤松であった。


登波離橋を東側に渡ったところ。道が3本に分かれています。
右へ行けば桜仙峡(この先800m)
真ん中の道を登れば二本松
(すぐ。ただし道がすごく狭い。軽四がやっと。すれ違い不可能)
左へ行ってみましたが何もなし。

2012/04/28

三郷地区(夢農場)夢の郷




三郷地区 夢の郷の桜


三郷地区・夢農場側から見た桜仙峡と登波離橋(遠方の山中央のくぼみの所)
遠方左は爺ケ岳。


桜仙峡 山桜でいっぱいです。(中央正面は夢農場)

2013/05/04

桜が終わって、木々の芽吹きが綺麗。
今年は気候が不順で昨年ほど桜は咲かなかった。
4月11日と21日に大雪、その後の霜などでダメージを受けた。





















































<EOF>