home

ケニア旅行

日程 2006/09/15-24
同僚がケニア旅行を楽しんできた時の記録です。

行程 (日付をクリックすると、その日へジャンプします)

09/15/08:00 成田空港
フリーウェイのカウンターで航空券を受け取りチェックイン
11:00 キャセイパシフィック航空で香港へ
16:25 キャセイパシフィック航空でドバイへ
20:40 ドバイ着/乗り継ぎ/機内泊

09/16/02:25 ケニア航空でナイロビへ
06:30 アンボセリ国立公園へ(サファリドライブ)/アンボセリロッジ泊

09/17/ 早朝サファリ→マサイ族の村→サファリ/アンボセリロッジ泊

09/18/ ナイロビ→アバーディア国立公園(サファリドライブ)
1泊分の荷物をもって樹上ロッジへ/ジ・アーク泊

09/19/ サファリ→ナクル湖国立公園/フラミンゴ/(サファリドライブ)/赤道通過/
ニャフルルの滝/レイクナイバシャカントリークラブ泊

09/20/ ボートでナイバシャ湖遊覧→マサイマラ国立公園/キーコックロッジ泊

09/21/ マサイマラ国立公園/気球遊覧飛行/ヌーの川渡り/
国境石/チーターの狩り/キーコックロッジ泊

09/22/ マサイマラ国立公園/ライオンの狩り/
セスナ機でナイロビへ(手荷物15Kg制限)
ジラフセンターでキリンと仲良しに/ローカルスーパーマーケット/
ナイロビサファリクラブ泊

09/23/12:30 ケニア航空でドバイへ、帰途。
19:00 ドバイ着/乗り継ぎ
00:20 キャセイパシフィック航空で香港へ/機内泊

09/24/12:10 香港着/乗り継ぎ
15:05 キャセイパシフィック航空で成田へ
20:20 成田空港着

地図




ケニアの国旗





ケニア
 首都=ナイロビ
 面積=582,646平方km(日本の約1.5倍)
 人口=3,240万人
 ナイロビ付近は海抜1,700m
 ケニアの公用語は英語で、スワヒリ語は国語として異なる民族間での共通語として使われている
 ケニアで一番高い山は、標高5,199メートルのケニア山
 アフリカ大陸ではタンザニアのキリマンジャロ山についで高く、山頂には雪も臨める
 西部にあるビクトリア湖は、世界で2番目に大きい淡水湖で、
ケニア、ウガンダ、タンザニアの3国にまたがる

*2006/09/15 →ページ先頭へ戻る


キャセイパシフィック航空の機内食(1回目・昼食)


香港に向け飛行中。13時30分、東シナ海。

 
香港


キャセイパシフィック航空の機内食(2回目・夕食)

*2006/09/16 →ページ先頭へ戻る


ドバイの夜景、綺麗!


20時40分、ドバイ空港着。
(このページのカメラ日付と異なります、あしからず)

 
ドバイ空港、さすがお金持ちの国です。



ドバイからはケニア航空に乗り継ぐ。
ナイロビ空港着陸1時間前の写真。

 
ナイロビ空港


町のお土産屋さん(これは壁掛けです)

 

 



 
アンボセリ国立公園
念願かなってやってきました、ケニア! 
アンボセリ国立公園! 動物いっぱい!
シマウマは Common Zebra
写真のダチョウは♀(♂は羽が黒い)

 
乾燥しているのであちこちで砂嵐


ホテル(アンボセリロッジ)到着(Amboseli Lodge)
標高3500feet(約1067m)
日本から何時間かかったことか・・・ここは赤道の南225km、
東経37度15分、南緯2度37分と表示してある。

 
結構、豪華なホテル!



ホテルの朝食

 


バブーンの赤ちゃん

 

 

 

 
ゾウは水場の権利を争っています。



トムソンガゼルはグランドガゼルとは違い黒い線がある。




イボイノシシ、走る時はしっぽをピンと上げているのがかわいい。

 
ヌーは一列で歩いています。


雌ライオン2頭(右写真)はちょっと見ただけでは気付かない。

 


カンムリヅル、金色の冠のような頭の羽が美しい。

 




ブチハイエナ

 



*2006/09/17 →ページ先頭へ戻る


サファリドライブ
訪れている人達は世界中からそれぞれです。

 




雲の向こうに見える山は標高5895mのキリマンジャロ山
アンボセリ国立公園は、文豪アーネスト・ヘミングウェイがハンティングを楽しみ、
著書「キリマンジャロの雪」を執筆した舞台として知られている。
公園の中央標高は1190m。
地平線には、タイミングが良ければ蜃気楼が見える。

 
雄ライオンは家族を連れて歩いている。


シマウマはライオンの群れを警戒している。



 
子ゾウを励まして歩いています。



 

 
珍しい植物もいっぱいあります。


大きい体のカバはほんのちょっと水面に顔を出しています。

 
ゾウを真近で見る迫力。

 
マサイ族の村を訪問


 
女性はとてもおしゃれ


一緒にジャンプ


火おこしは得意、30秒ほどで着火。

 
マサイ族の家の中を拝見しました。



族長さんと記念撮影。
マサイ族の家はゾウの糞でできています。

 
マサイ族のこども




マサイ族の族長のチーフと一緒に。

 
カバとゾウです。

 
Amboseli National Park にあるObservation Hill(展望の丘)に登ります。
ケニアの国立公園内では観光客は車から降りてはいけない原則があるが、
ここでは車を降りて展望の丘に登ることができる。

 
標高1150m 東経37度14分 南緯2度40分
Enkongu Narok Swamp(沼)
この沼はキリマンジャロ山からの雪解け水や雨水が浸出して出来た、と説明がある。

キリマンジャロの裾野に広がる壮大なパノラマ(Observation Hillからの眺め)

眺めは最高!



沼地には水牛やゾウが見えます



Observation Hillの丘から見えるキリマンジャロ
キリマンジャロ山頂には雪が見えます。

*2006/09/18 →ページ先頭へ戻る

 
カバ

 
目の前のゾウはでっかい!



ゾウとキリマンジャロ、うまく撮れた大好きな写真。
キリマンジャロが最も美しく見えるのは10月から3月までの半年間だとのこと。

 


キリマンジャロ5895mの左の尖った山はKiboPeak(キボ峰)

 

 
朝のキリマンジャロ。アフリカの朝は早い!


アフリカンBBQレストラン「カーニバル」に到着。
「ゲームミート」といって、日替わりで牛や豚はもちろん
キリン、シマウマ、インパラ、ワニ、ダチョウなどの動物の肉を試食できる珍しい体験ができる。

 




現地ドライバーのピーター



 



 
アバーディアのロッジの庭に、普通に歩いている孔雀。
アバーディアはナイロビから北に150km。

*2006/09/19 →ページ先頭へ戻る


アバーディアのロッジ


アバーディアの樹上ロッジ、ジ・アーク泊。

 
夜のロッジではいろいろな動物を見ることができる


バッファロー


アバーディアの朝



 

 

 


道路に普通にキリンが歩いています。



 
赤道。標高2270m

コリオリの実験をした。


トンプソンフォールズ(ニャフルルの滝)。落差81m。ケニアで最大の滝。

この滝はイギリス人のトンプソン氏によって発見された。


ドライバーのピーターと。


ケニアの民俗ダンサー

 
カメレオンのこども、色もそれぞれ。



グレートリフトバレー


ホテルのプール
危険・夜は泳ぐな・自分自身の責任とリスクで・などと注意を促している。


フラミンゴがどうやって餌を食べるか、を説明している。


インパラ 雄は1頭しかいないハーレム


ウオーターバック♂






ウガンダキリン、ロスチャイルドキリンとも呼ばれる。珍しい。


水牛

 
シロサイ




 
隣にはバブーン


ナクル湖国立公園

 

ナクル湖はナイロビから160km
湖深は2mの塩水湖。フラミンゴや他の多種類の鳥が多数生息することで有名。

フラミンゴ


フラミンゴとペリカン

 

 



*2006/09/20 →ページ先頭へ戻る


ナイバシャ湖ロッジ

 
アフリカンイーグル

 



 
ナイバシャ湖ボートサファリ

 
カバの群れ






黒い点は全部動物。多い。



 

  
マサイキリン


*2006/09/21 →ページ先頭へ戻る

 
ソーセージツリー、実は原始的なお酒の原料になる。


サバンナのど真ん中でパンク。
ピーターが驚異的な速さで直している。

マサイマラ国立公園(国立保護区)です。
これから、サファリカーで6時間かけて300kmの道程を移動する。

気球の遊覧飛行もやっていました。

気球の遊覧飛行の写真はツアー同行の友だちからいただいた写真です。

 

離陸

 




気球から見た景色。


着陸した気球を畳む


ジープと農耕トラクタです。

車のチームは、気球の着陸地点まで追っかけて行き気球と乗客を回収します。
(着陸地点にライオンがいたら大変ですが・・)
ジープには着陸した気球の乗客を乗せ、
トラクタには気球のカゴ(カゴに客が乗る)やガスボンベと気球を畳んで回収します。

 


マサイマラ国立保護区はケニア最大のライオンの生息地。
タンザニアのセレゲンティ国立公園と国境を挟んで繋がっている。


セグロジャッカル、内臓をあさっています。


ハイエナ

 
ハゲワシ



 
若いオスライオン、少したてがみがある。

 
バッファローの赤ちゃん

 
マサイマラロッジ、とても豪華だった。


 
イボイノシシは口がかわいい。



 


ハゲワシ、5分で肉は無くなる。



木陰で寝るライオン。


マサイマラのゾウは黒っぽい。

 

 
カバが寝そべっています。
このあたりを「ヒッポプール」と呼んでいる。

 
ナイルワニは想像以上に大きい。


ヌーの大群、マラリバー周辺。
マラ川(マラリバー)はマサイマラ中央部を流れる川。
8月〜9月には200万頭のヌーの大群がタンザニアとケニアの国境を流れるこの川を渡って、
いっせいにケニアのマサイマラへやって来る。







 


ヌーの川渡り

 
カバは迷惑そう


国境石

 
左がケニア、右がタンザニア・・・と、確かに記憶にある。が、、
もしTがタンザニアでKがケニアなら、左がタンザニアで右がケニア。
しかし写真の左側から来たはずです・・(ケニア旅行で・・・)
写っている乗って来た車はタンザニアに越境してしまったことになる。
立っている写真の石をよく見ると、左にT、右にKと書いてある。記憶と逆だ。
永遠の謎になってしまいました。

他の旅行者さんのWebやブログにも、同じ疑問が書かれていますね。
彫ってある数字「21-2」も意味不明
(他の所にある国境石には5-3や20-2と彫ってあるのもあるらしい)。
現地の人に聞いておけばよかった!

どの標石も三角形頂点の右側が「K」だ。質の悪い生コンで作ってドンと置いた感じ。
まさか向きを間違えて設置したことは無いと思うが・・・


チーター


体に数羽の鳥がとまっています。


バッファローの赤ちゃん


鳥がとまっています。

 
チーターの狩り
はじめはゆっくり・・・・走り出したら目で追えないくらい速い。カメラが追いつかない。

 
インパラの赤ちゃんが捕食されました。

 
荒い息遣いまで聞こえてきた。

*2006/09/22 →ページ先頭へ戻る


ダチョウの群れ




木の上に動物の骨がぶら下がっている。チーターが食べたのか?


じゃれている若い兄弟ライオン

 
ライオンの狩りの始まり



 



 



 
セグロジャッカルとハゲワシ、残飯を狙っている。




ピーターとの別れは悲しかった。

 
ナイロビに向かう航空機セスナ208キャラバンに搭乗する。

マサイマラ国立公園に別れを告げ、ナイロビに帰ります。
サバンナ上空からの壮大な景観!













ナイロビ到着

 
ナイロビ市内のレストランでアフリカの食事。現地の人と同じく手で食べました。

  

 

  

 
ジラフセンターで。キリンの顔はでっかい!
ここのベランダはキリンの首の高さに合わせて建ててあるのです。

→ページ先頭へ戻る

ナイロビサファリクラブで一泊、ケニア航空で出国、ドバイ〜香港〜成田へ帰ってきました。
すばらしい経験ができて感謝。ケニアの人たちに、ありがとう。

home














































<EOF>