home



遊び・ワインホルダー


冬、山歩きの出来ない季節が長いので
暇つぶしに素人大工をやってみた。
見よう見まねで木細工。(2015/03/07)



@木片(ホームセンターで売っているもの88x19x長尺)
を270mm(5〜10mm余分)に切断・・
 幅(88mm)は、ほぼ無関係、
厚さ(19mm)も似たものであれば可

A上から70mmの位置に直径50mmの円形穴をあける
(底部は、まだそのまま)・・

Bワイン瓶を入れて前後させ、前後余裕の中央位置で止める
(後で微妙に重心位置が調整できるように)

C水平な机上で、手でささえて立て、バランス位置を探って決めて、
そのまま支えておく(動かないよう正確に)
 この時で、木は、水平からほぼ45度〜50度で立ちます。
 定型のワイン瓶ならバランスが取れた位置で瓶がほぼ水平になるが、
それが無理なら円形穴のカドを少し削って調整する。
 後で理由が解ってくれば、円形穴は50mmである必要はない。
(最初は難しいので50mmでやってみましょう!)

D Cでバランスを保ったまま底部(机面)
から約18mm(後述)高い位置で
水平線(絶対に水平に!)を鉛筆で木に引く
(写真:斜面に見えて机に接している部分)

Eこの時、切る前の木のカド(直角)(机面に当たっていた部分)
の垂線が、鉛筆で引く線の中央位置に来るように
前述の18mmを15〜21mmと調整する
すなわち切断予定の斜面の短面寸法の丁度中央に
重心位置が来るように調整するのだ。
重心位置を切断面の中央にしておけば、
後でバランス調整に余裕ができる

F切断線が決まったらハッキリ鉛筆で書いて、
鋸(木材の斜め切り用の細刃のもの)
で切り取る
 切断線は写真前側・奥側共に書き、カドの交点を決めて、
他の面の線も引く(4面とも)。
 鉛筆で書いた斜め切断を正確にやるのがコツ。
他の廃材で斜め切りを練習しておく。
この切断作業が一番難しいと思う。
 底部を切り取った後の完成品は全長260〜265mmになります。
 この全長が調整で微妙に変化するので、
最初に270mmと、余裕を持って切断したのです。

上述の寸法と角度(机面から十数ミリ上に水平線を引く作業)が命。
正確にできれば一発でバランスが取れる。
バランスは斜面状に切り取った短辺のみに依存しているので、
これが理解できれば第2作目からは短時間で作成できる。
また、バランスが取れている理由が理解できれば、
50mm円形穴でなくとも変形穴・楕円穴でも可。
立てる角度も+/-10度ぐらいは好みで変えられるが、
急角度(垂直に近い)になるほど板が長くなり不安定で難しい。

定型から外れた特殊寸法の瓶では、上述寸法ではバランスが取れないが
水平から約45度〜50度で木がバランス取れるようにして、
長めの木で始めてバランス点を見つければ出来ます。
調整で切り取って行っても、短くなりすぎた木では、
もう取り返しができなくて、最初から作り直しです。

定型ワイン瓶なら空き瓶でもバランス取れます。

しかし、御注意。
所詮、絶妙なバランスの上に立っています。
バランス余裕は前後5mmも有りません。
高価なワイン・大切なワインは決して
このようなホルダーに掛けないこと。
落ちて割れたら大被害・大損害です。

どうか、作ってみる方は、「自己責任」でお試しください。

作ったら、皆にお気に入りで
親しい知人の藤井醇さんに一個さしあげました。
記事は、こちら
または、こちら



home



<EOF>