home

遊び・レーシングカート

多趣味な友人に誘われて
遊園地のバッテリー式ゴーカートしか乗ったことのない私が、
本格的なゴーカート(レーシングカート)に乗ってレース用サーキットを走ってきました。

2015/09/23
「サーキット安曇野」
 地図座標 http://www.mapion.co.jp/m2/36.45021556012726,137.90103433596758,16
 公式Web http://www.circuit-azumino.com/

 




「サーキット安曇野」パンフレットよりコピー、サーキットは全周で650m

乗車前に、管理者より説明と注意事項を聞く。
1.一切の持ち物をカウンターに預ける
2.走行の危険性と注意の説明
3.アクセルは右足・ブレーキは左足、ほか諸々の注意など。

さっそくレンタルカートでスタート
レンタルの走行時間は1ラウンド規定で7分。
保険料・ヘルメット・グローブ代込み全部で¥2200円

 


先ず、ハンドルが固く敏感なことに驚く
遊園地のカートとは全く違いました。パワフルで加速性能もすごい。音もすごい。
レンタルで素人が走る時はコースを空けてくれるのです。
1周〜2周は、おっかなびっくりでノロノロですが3周ぐらいからスピードが出て
最終走行では、かなり飛ばしました。(腕を上げれば6周以上は可能・・と思う)
(1周タイム、最初は1分44秒、最終走行で1分25秒、平均時速は28km/h・直線で33km/h)
走行終了するとデータをプリントアウトしてくれます。

運転は初めてで、本人はすごく緊張しているのだけれど・・・遅い!
地表から目線までがとても低いのでスピードを感じるのです。
1ラウンドの時間は乗る前は短いと思ったけれど、
走っている間は緊張して長く感じ、降りたら疲れて十分な時間でした。

私の友人はベテランなので、1周40秒・直線87km/hです。何とこの違い!


友人所有のレーシングカートに乗せてもらいました。F1気分!


こちらは、2サイクルエンジンで後車輪にチエンで直結されていてクラッチなし。

私が走った初心者用のレンタルカートは4サイクルエンジンで遠心クラッチ付き。
どちらのカートにもデファレンシャル機構が無いので、
コーナリングが独特な感触です。

楽しくて、病みつきになりそうです。

(おまけ)
4輪バギーにも乗りました!(2015/10/12)

これも、面白い!コーナリングに技術が必要。
デファレンシャル機構が無い(レーシングカートも同じ)ので
カーブで独特の抵抗(クセ)があり、上手く扱えば技術上達。

home





















<EOF>