home

烏帽子岳〜三ツ岳〜野口五郎岳〜
水晶岳〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜
黒部五郎岳〜双六岳〜樅沢岳〜槍ヶ岳縦走


水晶岳は黒岳とも言い鷲羽岳と連なって北アルプスの最も奥深い核心部である。
黒部川の源流になる。

日程 2015/10/05-09

行程 長野県/
1日目 七倉ダム〜高瀬ダム〜ブナ立尾根〜烏帽子岳〜烏帽子小屋
2日目 烏帽子小屋〜三ツ岳〜野口五郎岳〜水晶岳〜鷲羽岳〜三俣山荘
3日目 三俣山荘〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳〜双六岳〜双六小屋
4日目 双六小屋〜樅沢岳〜西鎌尾根〜槍ヶ岳〜殺生ヒュッテ
5日目 殺生ヒュッテ〜槍沢〜上高地

地図座標
登山口(高瀬ダム) http://www.mapion.co.jp/m2/36.47503144130536,137.68860338201767,14
烏帽子岳 http://www.mapion.co.jp/m2/36.47955197730545,137.65062330237205,14
野口五郎岳 http://www.mapion.co.jp/m2/36.43350609966199,137.63731954566012,14
鷲羽岳 http://www.mapion.co.jp/m2/36.40304696327308,137.6050472067974,14
黒部五郎岳 http://www.mapion.co.jp/m2/36.392683990369285,137.53973005287585,14
双六岳 http://www.mapion.co.jp/m2/36.37195389964614,137.5868511008429,14
槍ヶ岳 http://www.mapion.co.jp/m2/36.34202372603045,137.64744756689888,14
上高地 http://www.mapion.co.jp/m2/36.24891096841709,137.63774869910236,14

2日目(2015/10/06) 同僚の撮った写真を掲載します。


朝5時30分の八ヶ岳

 
5:46日の出(唐沢岳)
秋分を過ぎているので、真東より少し南側からの日の出です。


赤牛岳〜薬師岳


立山(右)


三ツ岳(北側部分)(左)〜赤牛岳(最奥は薬師岳)〜烏帽子岳(中央)(奥に立山・剱岳)〜針ノ木岳〜蓮華岳〜(雲海)〜唐沢岳
立山の一の越山荘が見える


右は唐沢岳


雲ノ平と雲ノ平山荘(中央左)、左は祖母岳

 
烏帽子岳(中央)〜南沢岳、奥は龍王岳〜一ノ越〜立山〜剱岳


三ツ岳へのルート


前穂高岳〜槍ヶ岳


富士山〜南アルプス


三ツ岳


野口五郎岳(左は槍ヶ岳)


三ツ岳

 
野口五郎岳(左)〜水晶岳(右)


___野口五郎岳______水晶岳____________赤牛岳________立山・剱岳






立山〜三ツ岳を振り返る

 
水晶岳(中央)〜赤牛岳(右写真)   赤牛岳の左奥は薬師岳(中央)


野口五郎岳

 
野口五郎小屋


野口五郎小屋(中央)

 
野口五郎岳山頂2924m、左奥は槍ヶ岳


奥は水晶岳
今回、裏銀座縦走路から大好きな水晶岳が見たいがためにこのルートをとったといってもいい。
素晴らしい快晴に恵まれて良かった。そして、誰もいない稜線を 歩けて最高の気分。


乗鞍岳と、御嶽山(奥)の噴煙


野口五郎岳山頂にて、____槍ヶ岳〜乗鞍岳・御嶽山___鷲羽岳____水晶岳____薬師岳〜赤牛岳_奥に立山・手前に野口五郎小屋

 
槍ヶ岳〜西鎌尾根・硫黄尾根(手前)〜鷲羽岳〜ワリモ岳〜水晶岳(右)


水晶岳(左)〜赤牛岳(右端)、水晶岳の下には五郎池


野口五郎岳・水晶岳・湯俣岳の分岐(真砂岳2862mの近く)


槍ヶ岳と硫黄尾根

 
鷲羽岳(右)     鷲羽岳(左)〜ワリモ岳

 
赤牛岳〜立山〜野口五郎岳を振り返る、沢の奥には黒部湖が見える、手前は五郎池。


水晶岳に向かいます(縦走ルートからはずれて)


水晶小屋
まだ小屋があまりに小さく見えるので、あんなところまで行くのか、と思う。


鷲羽岳〜ワリモ岳
水晶岳に寄り道する分、今日は鷲羽岳の奥の三俣山荘まで行く。
かなり歩きます。

 
東沢乗越、奥に赤牛岳・立山・黒部湖      真砂岳・野口五郎岳


水晶小屋までかなりキツイ登り。右が水晶岳。細い岩場歩きが続く


水晶岳


水晶小屋手前から振り返る、正面は南真砂岳2713m、奥は燕岳〜大天井岳


水晶小屋、右奥に野口五郎岳
ザックはデポしていく。ここにきて本日初めて人間に出会う。
自分だけの全く静かな山もいいが、登山者と和やかな会話ができるとホッとする。


水晶岳へ


雲ノ平と雲ノ平山荘

 
水晶岳山頂へ


振り返る、奥は大天井岳〜槍ヶ岳(雲がかぶってきた)


水晶岳(黒岳)山頂2986m


奥に立山と黒部湖


薬師岳


ワリモ北分岐


左奥は槍ヶ岳

 
鷲羽岳に向かいます

(ワリモ岳〜鷲羽岳〜三俣山荘の間、あられと雪でした)
 

 
この日北アルプスの初冠雪が発表された。
まさにそのタイミングに稜線にいたことはラッキーだったと思う。
しかし、一瞬、空気が冷たくなったなと思ったら、数分後にはあられが、
数十分後には軽い吹雪状態に。
すばやく装備変更して何事もなかったが、山の天候の急変は改めて恐ろしいと感じた。

 
鷲羽岳山頂2924m


鷲羽池、奥は硫黄尾根(雲に隠れて槍ヶ岳)


鷲羽岳から三俣山荘を見下ろす

 

 
三俣山荘(縦走2日目の宿泊)

 
三俣山荘では鹿のジビエシチューが名物。今回の山行で一番楽しみにしていた夕食。
北アル プスでも高山帯へのシカの行動範囲拡大による食害が近年深刻になっている。
それにともない有害駆除されるシカ肉の有効利用をもっと考えていこうという山荘の思いが込められたシチュー。
(現在、シカ肉の約1割しか食肉利用されていない、という現実がある)

また、三俣山荘の談話室はテント泊の人でも消灯まで利用できる。
この日は山で出会った方たちと遅くまで山談義で盛り上がった。


1日目 七倉ダム〜高瀬ダム〜烏帽子岳〜烏帽子小屋
2日目 烏帽子小屋〜野口五郎岳〜水晶岳〜鷲羽岳〜三俣山荘
3日目 三俣山荘〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳〜双六岳〜双六小屋
4日目 双六小屋〜樅沢岳〜西鎌尾根〜槍ヶ岳〜殺生ヒュッテ
5日目 殺生ヒュッテ〜槍沢〜上高地

home














































<EOF>